初めてのキャッシング

今では消費者金融でのキャッシングはポピュラーな物へと変化しており、コマーシャル等で人気の芸人等を起用して大々的に広告をしたり、街中では大手消費者金融の看板等が並んでいるのをよく見かけますよね。広告の甲斐もあってキャッシングは気軽に利用出来るものだという意識へとかわりつつあります。

しかし、それ故に返済計画をろくに建てないまま利用してしまい、借金地獄に陥ったり、キャッシングで破産をしてしまう方も居るのが現実です。きちんとした返済計画と正しい利用方法を知っておけばこの様なお金の事故には繋がる心配はありません。

当サイトではキャッシングを上手に利用出来る方法や、安心して利用出来るオススメのキャッシング先についての情報をご紹介していますので、情報をしっかりと確認して安全にキャッシングを利用して頂きたいと思います。

まず、キャッシング先の選び方について簡単に確認しておきましょう。

基本的には大手の消費者金融のキャッシングや銀行カードローンの利用をオススメしています。CMや雑誌、インターネット等で大々的に広告をうっているところの多くは大手と呼んでよいでしょう。こういった大手の場所は資金も豊富で対応もしっかりと教育されており、実績もありますので安心して利用する事が可能です。大手のほとんどが銀行と資本提携していますので、しっかりとした地盤が固められている為、この様な潤った環境でキャッシングを行える訳です。

また、インターネットから申込みが出来る大手消費者金融のほとんどが即日融資が可能となっていますので、急ぎでお金が必要な方でも不安無く利用する事が出来ます。大手消費者金融の広告やホームページを確認してみると、大抵の消費者金融が最短審査30分を謳っているのが分かるはずです。

また、消費者金融によっては事前診断・簡易診断というものがあり、本審査を受ける前に簡単な入力項目を埋めて送信する事で即座に借入出来るかどうかが分かる、という便利なものがあります。こういったサービスも利用者にとっては非常に便利で嬉しく、安心して利用出来ると思えるはずです。

また、大手になると無人契約機という機械を全国各地に設置しています。アコム・アイフル・レイク・プロミス・モビットといった名前の看板等を見た事があるかと思いますが、その看板の下には自動契約機が設置してあります。これを使用する事で、実際にスタッフと対面する事なく機械を通して簡単に申込みが出来る上に、そのままカードを機械から受け取る事が出来ますので利便性が高いですね。ただ、デメリットとしては自動契約機に出入りする際に人に見られてしまうというのが唯一のデメリットでしょうか。

いくら安心して借りれるといってもやはり返済に注目しておく必要があります。返済の負担を軽くする為にも申込み前にはそのキャッシングの金利をしっかりと確認しておきましょう。むやみにお金を借りすぎてしまうと、利息を払うだけで精一杯になってしまう場合もありますので、お金を借りる前にはしっかりと金利の確認と返済計画をたてるようにしましょう。

更に上手なキャッシングの選び方

キャッシングを考えているという方は少なくないと思いますが、いざキャッシングに申し込みをしようと思うと実にたくさんの種類があって一体どこに申し込もうか迷ってしまうという方も少なくないのではないでしょうか。

なので今回はそんな方のために、更に上手なキャッシングの選び方についてアドバイスをしたいと思います。 まずは大きいところから決めて行きましょう。キャッシングには消費者金融系のものと銀行系のものがありますよね。この二つは特徴も大きく異なっていますので、まずはどちらの系統のものにするかを決めたらその後も決めやすくなるかと思います。 消費者金融系のキャッシングですが、こちらは審査のスピードも早く、そこまで審査が厳しくないので、フリーターの方や主婦の方でも気軽に申し込む事ができるでしょう。 ただその分、銀行系に比べると利子が高いので利子を最優先に考えているという方には向いていません。

次に銀行系のキャッシングですが、こちらは前述の通り消費者金融系に比べると利子が低いのが特徴です。それに加えて限度額の高さや信用度の高さなどがメリットとして挙げられるでしょう。

しかしその分審査は厳しめになっていますので、確実にそして早くキャッシングを利用したいという方にはあまり向いていないと考えられるでしょう。 この二つのうち自分のニーズとあっていそうなものを選べたら、次に比較サイトを参考にしてみましょう。

比較サイトでしたらたくさんのキャッシングが人気順に紹介されていて、その特徴なども詳しく書いてあるのでとても便利です。そこで自分に合いそうなものを見つけて、最後に口コミなどで審査や実際の使用感などについて調べる事で、より安心してキャッシングに申し込みができるでしょう。

キャッシングにおける総量規制

消費者金融からのキャッシングで多重債務となり、自己破産をする人の多発が社会問題になったことがあります。 そこで、平成18年に貸金業法が改定され、キャッシングによる貸し過ぎや借り過ぎを防止する策がとられましたが、その中に「総量規制」と「指定信用情報機関制度」があります。

総量規制というのは、「個人」が消費者金融などの「貸金業者」からキャッシングをする場合は、年収の3分の1の額を超えることはできない、という規定です。年収の3分の1というのは、貸金業者1社の分だけではなく、利用している貸金業者すべてのキャッシングの残高が年収の3分の1を超えてはいけないということです。 また、総量規制では貸金業者から50万円を超えてキャッシングをする場合は、「年収証明書(源泉徴収票や確定申告書など)」の提出を義務付けています。

なお、50万円以内ではあっても、他の貸金業者における借入残高を足すと100万円を超える場合は、年収証明書が必要になります。 総量規制の規定はクレジットカードによるキャッシングにおいても適用されます。

ただし、クレジットカードによるショッピングは適用外です。 ちなみに、「個人」ではない「法人」名義での借入や、「貸金業者」ではない「銀行や信用金庫など」からの借入は総量規制の対象外ですので、いくら残高があっても関係ありません。 ところで、総量規制を徹底させるためには、貸金業者における貸付残高の管理も欠かせません。 そこで、管理を厳格化させるために規定されたのが、「指定信用情報機関制度」です。

従来も信用情報機関はありましたが、加入は任意になっていましたし、消費者金融、信販会社、流通会社などによって、情報管理が一体化されていない面がありました。

今回の指定信用情報機関制度によって、貸金業者の加入が義務化され、指定信用情報機関(現在2団体)同士の情報の定期交流も制度化されました。

この制度によって、利用者のすべての情報は指定信用機関に集められ、利用者からのキャッシングの申込があった場合は、貸金業者は必ず指定信用情報機関に照会して、借入残高の確認をすることが義務化されています。 このことによって、年収の3分の1という金額の管理が徹底されることになりました

確実な即日融資を徹底調査!

即日融資は、今やどこの融資機関でも扱っている融資商品です。銀行をはじめ信用金庫等、従来審査が遅く融資にも時間がかかる融資機関まで、今では即日融資を扱っているので、即日融資を利用するには希望に合わせて業者も選ぶ事が出来ます。

ただし、銀行の即日融資はあくまで「銀行融資」なので、やはり消費者金融業者の即日融資とは内容が異なります。 ここでは、銀行の即日融資や他融資機関の即日融資と消費者金融業者の即日融資を分かりやすく解説し、確実に申し込んだその日に融資が実現し、確実に早く利用出来る即日融資を紹介しています。

即日融資は、確かに即日に融資が実現する融資を意味しますが、今現在ある銀行もしくは信金の即日融資は、即日融資といってもフタを開けてみると実は意外と時間がかかる事も多い。 要は審査に慎重という事なのですが、銀行によって当然審査にかかる時間や審査の基準、内容が違うので、銀行融資は遅いという事ではないですが、即日とうたっていても申込みする方の条件等により、審査が長引く事もあるという事なのです。

当然、以前よりは銀行等も即日融資に限り、審査が早くなりましたが、即日中に融資可能と紹介している即日融資でも状況や条件により1日、もしくは2日程度時間がかかる事もあるので、銀行の即日融資を利用する場合は、急ぎであっても状況により2日程度利用までにかかるかもしれないという事は認識し利用は検討しなくてはいけません。

もちろん、銀行の融資でも即日融資に限り、申込み後1時間程度で融資が実現する銀行の即日融資もありますが、そこを利用に際し見極めないと即日中に利用出来ると急ぎでの要り用の際に銀行融資を利用しても、もしかすると利用まで2日程度かかってしまう事もあるという事なのです。

なので、確実な線で即日融資を利用する場合は、申し込んでおよそ1時間足らずで確実に融資が実現する消費者金融業者提供の即日融資がお勧めで、確実な即日融資を望むなら、消費者金融業者提供の融資がその目的を実現出来るのです。

このページの先頭へ