「今月ピンチ!」そんなときに利用できる銀行カードローン

「来月、友達の結婚式あるからキツいなぁ…」
「あっ、電気代の支払い忘れてた…」
「給料日まであと5日なんだけど、ちょっと厳しい…」

普段生活をしていれば、こういった場面に出くわすことが結構あると思います。

そんなときはどうしていますか?

親に借りるという人もいれば、友人に借りるという人もいるでしょう。もしくは、生活をギリギリまで切り詰めてなんとか費用を捻出するとか、いらないものをヤフオクなどで売ってお金に換えるという人もいるでしょう。

これで乗り切ることができればいいのですが、もしどうにもならないというときは、思い切って銀行で借りるという手段もアリではないでしょうか。

少額でも借りれる銀行カードローン

そんなときにオススメしたいのが「銀行カードローン」です。

「銀行でお金を借りるのってなんか面倒くさいんじゃないの?」

ひょっとしたらこのように思ったかもしれませんね。しかし、最近は申込みも簡単で審査から借入れまで非常に早い銀行カードローンが増えてきています。

申込みはネットがつながればどこでもOK

最近の銀行カードローンはネットからの申込みが主流になってきています。

スマホが普及していることもあり、パソコンからだけでなくスマホからも簡単に申込みができます。

つまり、ネットに接続できる環境であれば、自宅だけでなく勤務先や外出先でもサクッと申込みができるのです。

また、審査に必要となってくる運転免許証などの本人確認書類の提出は、スマホで撮影した本人確認書類の画像をアップロードするか、スマホのアプリを提供している銀行であれば、そのアプリを使って提出ができるので非常に簡単でスピーディーです。

審査回答は原則即日回答?

銀行といえば、提出する書類が多かったり、審査に時間がかかったりといったイメージがあるかと思いますが、2010年に貸金業法が改正されて以降、銀行の傘下に大手消費者金融を取り込み、その独自の審査ノウハウを銀行カードローンへ活かすといった銀行が増えてきました。

それ以外の銀行でも、保証会社として大手消費者金融を保証会社にすることで審査のスピード化を図っています。

このことによって、銀行が取り扱うカードローンは全般的に審査時間が短縮されることになったというわけです。

早いところでは、申込んでから審査回答までに最短で30分というところや、60分というところもあります。

有名な銀行では申し込んだ当日に審査回答をするところが多くなっています。

借入れするまで最短40分??

正確には、申込みをしてからローンカードが発行されるまでが最短で40分なのですが、これは隣にATMがあるので、カードを受け取ったらすぐにATMで借入れができるようになっています。

これが出来るのは、三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックという商品です。

三菱東京UFJ銀行の支店に設置している「テレビ窓口」へ行き、申込みをすれば最短40分でカード発行までが可能になっています。

平日の15時以降、土日祝でも利用できるようになっているので、どうしても今日お金が必要という切羽詰まった状況の人であれば、バンクイックがいいかもしれません。

あと、大手銀行で即日融資が可能になっているのは三井住友銀行カードローンです。

ここは、審査回答までが最短30分になっています。

申込み当日に借入れをしたいのであれば、ネットで申込みをしたあと、ローン契約機でカードを受け取れば、コンビニATMなどから借入れが可能です。

「三井住友銀行のローン契約機ってどこにあるの?」

と思われたかもしれません。このローン契約機での手続きはプロミスのローン契約機でも可能になっているのです。

よく思い出してください。近所にプロミスのローン契約機ってありませんか?

プロミスの公式サイトへ行けばローン契約機が設置している場所が書いてあります。おそらく、近隣に複数該当するところがあると思いますよ。

この三井住友銀行カードローンも土日祝も21時まで申込み出来るようになっていますので、急いでいる方にもオススメです。

まとめ

代表的な銀行カードローンを紹介しましたが、今お住まいの地域にある地方銀行でも即日融資に対応しているカードローンを取り扱っているところがあるはずです。

金利面でも上で紹介した銀行カードローンより低めに設定されている商品もよく見かけます。

ただ、この銀行カードローンを利用するにあたって注意していただきたい点があります。

限度額が100万円以下もしくは50万円以下の利用になると、金利が13%~15%と高くなっているところがほとんどです。

金利が高いということは利息をそれだけ多く支払わないといけないということですので、少額の利用であっても、できるだけ早く返済するようにしてください。

カードローンは限度額内であれば何度でも借入れができるようになっていますので、イザというときに借り入れができるように、借り入れしたら通常の返済にプラスして随時返済をしておくといいかもしれません。

それと、借入方法がATMからになると、自分の預金から現金を引き出しているかのような錯覚に陥ってしまうこともあります。

あくまでも借金ですので、そこのところは常に頭の片隅においておくようにしてくださいね。

また、急遽お金が必要になってすぐに借入れがしたいといった場合に備えて即日融資が可能な銀行カードローンの情報を仕入れておくというのはすごく大事です。

INFORMATION

2016-08-06
トップページの情報を更新しました
2016-08-08
「住宅ローンを組んでマイホームを購入!ローンの特徴は?」を投稿しました。
2016-08-10
「車の購入資金を銀行から借りる方がいい理由とは?」を投稿しました。
2016-08-19
「銀行の教育ローンと奨学金ってどう違うの?」を投稿しました。
2016-08-23
「今月ピンチ!そんなときに利用できる銀行カードローン」を投稿しました。
2016-12-03
「ドナルド・トランプの勝利で住宅ローンの金利が上昇?借換えは早い方がいい?」を投稿しました。
ページのトップへ戻る