車の購入資金を銀行から借りる方がいい理由とは?

男性なら分かるかと思いますが、新車であろうと中古車であろうと車を購入するというのはどこかワクワクするものがあります。

就職して通勤で必要になるであったり、新しい家族ができるであったり、子どもが結婚して大きな車が必要でなくなったりと、車を購入するタイミングはさまざまですが、車を購入するには資金が必要になります。

最近は軽自動車での新車なら120万円~150万円程度掛かりますし、それ以上の大きさの車であれば200万円~300万円程度掛かってきます。

住宅と違って車であれば一括現金払いで購入する人もいるでしょうが、それでも大金ですよね。

そうなると、どこかでその資金を借りないといけないわけですが…

マイカー用のローンはいろいろある

マイカー用のローンを取り扱っているところはいろいろあります。

中古車を購入するのであれば、中古車販売店が提携しているオリコやジャックスといった信販系の会社があります。

新車を購入するなら、トヨタや日産、Hondaといったディーラーが各自持っているローン(クレジット)会社の利用を勧められるでしょう。

それ以外であれば、JAや信用金庫、労働金庫なんかも取り扱っています。

その中でも比較的低金利のマイカーローンを提供しているのが銀行です。もちろん、取り扱う銀行によって金利はさまざまですが、おおよそ2.0%~5.5%程度になっています。

銀行のマイカーローンを利用するメリット

先ほど挙げたディーラーローンと比べると、銀行マイカーローンのメリットがよく分かります。

まず、金利面ですがディーラーの販売店によってもことなりますが、だいたい5%~9%となっています。

それが銀行になると3%程度ですので最大で6%も金利差が出るということになります。

審査に関しても、ディーラーであれば購入する車が決まってから出ないと審査できないのに対し、銀行であれば見積書やカタログがあればとりあえず審査申し込みができるようになっています。

その後、書類の提出は必要になってきますが、どれくらいの金額までならOKかという目処をつけることができるというのはいいですね。

そして最後に、所有権です。

ディーラーローンであれば、ローンが完済されるまでは所有権はディーラーになっていて、実際に乗る人は使用者という立場になります。

そうなると、買い替えや売却をする際の手続きが煩雑になるのでとても面倒です。

これが銀行のマイカーローンであれば車を購入した時点で所有権=使用する人、つまりあなたが所有権を持つということになるわけです。

所有権を持っているということは、どのタイミングで買い替えをしようが、売却しようが自由ということになります。

銀行のマイカーローンを利用するときの注意点

注意点としては、ディーラーローンに比べて手続き等が面倒になるという点です。

見積書などの提出から始まり、銀行とのやり取りを含めると融資実行まで、申込みをしてから5営業日~2週間ほどの時間を要する場合があります。

「すぐにでもこの車がほしい」

このような場合であれば銀行マイカーローンはちょっと厳しいかもしれませんね。

ただ、最近では住信SBIネット銀行といったネット専業銀行もマイカーローンを取り扱っており、ネットで申込みから契約までできるようになっています。

このことにより、時間を見つけて銀行に行くといった労力がなくなるので非常に楽です。

こういった銀行を上手く利用することで、仕事が忙しくて時間がないといった場合でも低金利の銀行マイカーローンの利用ができるというわけです。

もし、今マイカーの購入を検討しているのであれば、ディーラーローンも含めていろいろ情報収集して検討するのがいいと思いますよ

INFORMATION

2016-08-06
トップページの情報を更新しました
2016-08-08
「住宅ローンを組んでマイホームを購入!ローンの特徴は?」を投稿しました。
2016-08-10
「車の購入資金を銀行から借りる方がいい理由とは?」を投稿しました。
2016-08-19
「銀行の教育ローンと奨学金ってどう違うの?」を投稿しました。
2016-08-23
「今月ピンチ!そんなときに利用できる銀行カードローン」を投稿しました。
2016-12-03
「ドナルド・トランプの勝利で住宅ローンの金利が上昇?借換えは早い方がいい?」を投稿しました。
ページのトップへ戻る